私はもうだめだ。やめてくれ。強烈な劣等感のせいで私に向けられたものではないと分かっていても言葉が全て私に突き刺さる。殺してくれ。死にたい。助けてくれ。